忍者ブログ
薬通販、個人輸入のくすりエクスプレス

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バイアグラ ジェネリック

バイアグラ ジェネリック


バイアグラ ジェネリックを調べていると このようなレビューが有り

バイアグラのジェネリックは存在しません。
これらには、特許があり、おおむね20年間はそのメーカーまたは
ライセンスされた会社以外製造できません。

現在販売されている、バイアグラのジェネリックは、無許可です。

ただ、国によって特許が及ばないところがあり、
そういった国で製造販売されているものを
個人輸入の代行などで日本で扱っているだけです。

健康被害の報告もあるようですので、
バイアグラのジェネリックには手を出さないほうが良いでしょう。


それに対して


現在バイアグラのジェネリックというのは、
日本国内で特許が切れているものではなく、
法的に認められているインドなどで同じ成分を別の製造方法で作られたものです。

製法特許、成分特許という概念とそれの法律的な適応方法が
国によってことなるので、
それによって、合法か違法かがわかれます。

なるほど、正確にはバイアグラのジェネリックは存在しないのか・・・??

確かに、バイアグラは1998年にFDA(米国食品医薬品局)に承認されていますので
普通に日本の常識では存在しないのでしょう

それで、インドの製薬会社で バイアグラのジェネリックが
それらしき名称で個人輸入されていますねw
インドの製薬会社のジェネリックが、
アフリカ等の薬を支えている様な話を聞いたことがありますw

何となくわかりますよね・・・・・・・ 安いので普及するんでしょうね。

個人的には、無理やり個人輸入でバイアグラのジェネリックを購入することは
止めたいと考えてしまいます。

バイアグラの正規品を個人輸入で購入しても 
べら棒に価格が高いワケでもないので
次回からのバイアグラは 欧州向けブランド品の正規品を購入します^^
PR

医薬品ネット販売と“条件付き”全面解禁

厚労省、医薬品ネット販売と“条件付き”全面解禁

 厚生労働省は一般用医薬品のインターネット販売について、薬の適正使用を促すため
のコミュニケーション手段の確保を条件に全面解禁する案を盛り込んだ規制改革の素案
をまとめた。

パソコンのテレビ電話機能を使って適切な用法を説明するなどの安全対策
づくりを念頭に置いている。

安全対策の徹底が難しいとして、ネットオークションでの医薬品
売買を禁じる案も示した。
具体的な方向性を5月内にまとめる。

 素案では副作用リスクの問題から店頭での対面販売に限定していた第1類、第2類の
医薬品のネット販売を認める条件として

(1)使用者の状態などの情報を薬剤師ら専門家が入手可能
(2)薬剤師らと購入者側が双方向で遅滞なく対話できる
(3)薬剤師らが状況に応じて医療機関での受診を勧奨できる―などを提示。

パソコン間で画像や音声を使い
情報をやりとりするビデオチャット機能の活用などを具体策として挙げた。



.

薬のネット販売:国の上告棄却

医薬品のネット販売大手「ケンコーコム」など2社が
一律禁止は違法だと主張した最高裁判決、上告棄却。

薬のネット販売容認 最高裁、国の上告棄却新聞記事引用

 厚労省が医薬品のインターネット販売を規制したのは違法だとして、ネット販売
業者が販売を続ける権利の確認を求めていた裁判で、最高裁は11日、一律禁
止は違法だとする判断を示した。

 厚労省は09年、薬事法の改正で3つに分類された一般用医薬品のうち、副作
用のリスクの高い「1類」と「2類」について、ネットでの販売を一律で禁止した。
これに対し、医薬品のネット販売大手「ケンコーコム」など2社は、一律禁止は違法
だと主張し、二審の東京高裁も、ネット販売を認める判決を言い渡していた。

国側はこれを不服として上告していたが、最高裁は判決で、「新たな規制は職
業活動の自由を相当制約するものであり、法律に明確な規定がなければならな
い」とした。その上で、「1類、2類の一律禁止は、改正薬事法の範囲を逸脱した
違法な規制で無効」との判断を示し、国側の上告を退けた。
薬通販、個人輸入のくすりエクスプレス