忍者ブログ
薬通販、個人輸入のくすりエクスプレス

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バイアグラを安全に購入する3ポイント

仮に貴方がバイアグラのジェネリックの購入予定ならば
バイアグラ(ブランド品)が正規品の通販サイトでジェネリックを購入するべきです。
画像は2013年6月バイアグラを通販で購入時で正規品は実感済み!

バイアグラ(ブランド品)が怪しいのにジェネリックが
本物なハズがないと考えています。


 バイアグラを安全に購入する3つのチェックポイントとは 


一番心配な本物のバイアグラ購入方法は意外と簡単!
でも間違いなく確実です実際に買って使用中ですので^^ 

 ① 販売サイトが25mgや50mgを販売していれば100mgも信用できる。

   (偽物は100mgに限られる、25mg、50mgは本物。偽札と同じ理由)

 

  会社概要・Q&F・お客様の声・問合フォームがありカード決済ができるサイトで購入する。

 

 
 ③ 1錠で1,400円以下のバイアグラは疑った方がよさそうです(為替変動有)

 

①は特に重要で25mg・50mgは殆ど処方用で本物と断言!       
ネット通販では100mgのバイアグラの流通が大半です。       

そして偽物は100mgにしか存在しません! 

25mg・50mgが本物で100mgは偽物という販売業者はいないのです

以前から ここでバイアグラの本物を購入しています
バイアグラのジェネリックも本物に間違いありません
.
▼▼送料無料・郵便局留OK!・商品名記載無し梱包で届着ます

海外医薬品のことならくすりエクスプレス

全国【送料】無料・クレジット手数料無料・簡単で便利な個人輸入代行



.

その他 過去に本物を購入出来た販売サイトを紹介します。

・イシカワのアメリカの薬 htp://www.americanokusuri.com/index.html
・アビーロード        htp://www.abbeyroad-shop.com/

PR

薬ネット販売解禁と個人輸入

薬ネット販売が条件付きで解禁が間近か

何かと取りざたされる薬のネット通販・個人輸入。
バイアグラや抗生剤、アレグラに育毛剤等を薬の個人輸入に頼っているので
禁止にでもなれば個人輸入は密輸扱いでとても困るーー

そんな中、新聞記事が目にとまったので
引用でブログに書いておこう


国は1月の最高裁の「薬ネット販売一律禁止」を無効とした判決をうけ
条件付きながら解禁する方針をきめた。

市販薬の区分は1類、2類、3類と区分され
リスクの高い1類を発売から4年経過の市販薬をネット販売OKとした

しかし、1月の最高裁の無効判決以降ネット販売は事実上解禁状態で
販売業者や医療関係者に波紋を拡げそうである。(引用ここまで)


馴染みのある名称では
ロキソニンやアレグラは発売4年以内なので薬局での薬剤師の対面販売とした。

4年以上の市販薬ではガスター10やリアップ5等があり
こちらはネット販売は一定のリスク情報を伝える事で解禁されそうである

薬の個人輸入には景況がなさそうなので安心です。





.





バイアグラ 通販の常識

バイアグラ 通販での購入時の常識とは



流通量が少ない50mg錠を扱っている業者ならかなり信用できますね


世界的に、バイアグラの流通は、大半が100mgで、

25mg、50mgの偽物は、作る意味が殆どありません。

処方では50mgを購入する利用者がいるのも事実です

 

製薬会社のファイザーは25mg、50mgも作っています。

このファイザーが作っている25mg、50mg、を扱っている業者は、

100mgだけを偽物を扱う可能性が少ないからです。

 

50mg錠を扱っている業者ならかなり信用できる?

あくまでも持論の可能性ですが 信憑性は高いと信じます。


 .

▼下記サイトでバイアグラの50mgは正規100%を購入できました。

海外医薬品のことならベストケンコー
全国【送料】無料。クレジット決済手数料無料。簡単で便利な個人輸入代行。

▲ 全国送料無料 シアリス・バイアグラ・レビトラの購入はこちら▲
.
薬通販、個人輸入のくすりエクスプレス